読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクのカケラ

〜それより僕が伝えたいのは

1世帯当たりの平均貯蓄額は「1805万円」 という数字マジック

1世帯当たり貯金は平均 1805 万円とという事実?!

 

2016/5/17 総務省は『家計調査報告(貯蓄・負債編)(二人以上の世帯) 』を発表した。

http://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/yoyaku.pdf

 

 

これによると、

 二人以上の世帯における1世帯当たり貯蓄現在高は 1805 万円と,前年に比べ 0.4%増加し,3年連続の増加
負債現在高は 499 万円と,前年に比べ 2.0%の減少 

ということらしい。

そう、 1世帯当たり貯金は平均 1805 万円 だというのだ!

 

なんだ3分の2は平均額の1805万円ためてない

これをいろんなメディアがタイトルとして使用しているのであたかもみんなこれだけためてるのと不安になるが、よくよく見てみると、

二人以上の世帯のうち約3分の2の世帯が貯蓄現在高の平均値(1805万円)を下回る

つまり、3分の2は平均額の1805万円ためてないということだ。

簡単に言うと、富裕層が全体を押し上げているだけである。

それと、 60代以上で退職金で保有額増えただけ。

 

中央値を見よう

こういう数字は中央値を見ないと意味が無い。

真ん中にあたる中央値は997万円。

平均1805万円を大きく下回っているのである。

ということで、気にするなら中央値の997万円

 

なぜ中央値ではなく平均値を発表するのか?

それは、インパクトがあるから

これに尽きる。

メディアは記事を読んでもらってなんぼ。

興味を引いてなんぼである。

 

あとは自分で数字マジックに陥らないないようにしておけばいい。