読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクのカケラ

〜それより僕が伝えたいのは

【勝手に採点】W杯 アジア2次予選 2016/3/29 日本VSシリア

【結果】W杯アジア2次予選

日本 5 - 0 シリア(A)

【得点】
17分 1-0 O.G.
66分 2-0 香川
86分 3-0 本田
90分 4-0 香川
90分 5-0 原口

 

 

【戦評】攻撃のバリエーションと得点欲しさのアピール合戦

 

前半は、攻めながら得点できないいつもの流れながら、
緩急をつけた攻撃で幾度とゴールに迫ったのはよかった。
O.Gでの先制となったが、正直GKのミスだろう。
(レベルが高ければキャッチできるボール)

2点目も散々決定機を外した後での、クリアミスからの香川のボレー。
シュートは見事で、香川らしい身のこなしだったが、
それもクリアミスからだったので、、、

その2点目でアピール合戦になって、中盤が相手カウンターくらって
あわやという場面も3回ほどあった。
逆に西川のアピールになったのは皮肉なもの。

それでも終盤の3得点は見事だった!
原口も慣れないボランチで、守備は課題満載だけど、
ドリブルのできるボランチという新境地を切り開く可能性はある。
(スタメンからってのはリスクがありすぎてないと思う)

ともかく攻撃はよかったが、2点取ってからの戦い方は課題である。
(勝負決まった後のアピール合戦が原因だと思うが)

それ以外では、右SBの酒井 高徳は、得点こそ奪えなかったが、
動き、連携ともに効果的であった。
(本職は左SBだとおもうけど、申し分なかった)

 

まとめると、、、
見ていて面白いノーガードの殴り合い試合。
そりゃこれだけ殴り合いやってればハラハラもするし、お互い決定機も作るから
見ている分には面白い!

ただ戦術としてはいかがなもんだろう?
勝ち抜けがほぼ決まっていたからならいいが、
これを基本戦術にしたら、木っ端みじんに砕かれるだろう。

 

ともかくこれでいよいよ最終予選。
厳しい相手になっていくので、戦い方含めて大事な勝負だ!

 

【スタメン・採点】

<GK>

西川周作 7

<DF>
長友 佑都  6
森重真人 6
吉田麻也 5
酒井 高徳 7

<MF>
山口 蛍(58分) 6
長谷部誠 6

本田圭佑 7
香川 真司 7 (2G2A)
宇佐美貴史(85分) 5

<FW>
岡崎慎司(後半78分) 6

<交代出場>
58分→原口 元気 7
78分→金崎 夢生 -
85分→清武 弘嗣 -

<監督>
バヒド・ハリルホジッチ 6

※採点は10点満点で平均を6とする。
※出場時間が少ない選手は採点しないこともある。