読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクのカケラ

〜それより僕が伝えたいのは

【ドラマ】相棒 season13 最終回 レビュー

ドラマ

相棒 season13 最終回が駄作である8つの理由

 

今更だけど、まだ違和感が払拭できないので
相棒season13最終回について書きたいと思う。
 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

ネットでもさんざん酷評されているが、長年の相棒ファンとしても、
本当に最悪で、これまでの相棒シリーズの冒涜とすら感じる内容であった。
何故、ここまで思うのかというのをあげていく。
その前提としてこれまでの相棒シリーズは、
 風刺が効いていて、
 右京さんの正義が
正義すぎて、
 何かもやっとした終わり方をする

のが、一番の良さであると思っている。
ただしseason13は全体的に脚本が悪い回が多い。


<ダメなところ↓>

1)警察官が犯人というひどいストーリー

2)最初から犯人だと見せてそのまま犯人というひねりのない演出

3)これまでの話で全く伏線がなかったこと

4)出会ってからも犯罪を続けていたという強引さ

5)懐妊、白血病の未回収

6)動機の弱さとこれまでのキャラとのギャップ

7)逃亡幇助の無理矢理感

8)犯行に正義がない=ただの犯罪者

 

と、まぁイイトコ無しですが、
とにかく唐突すぎて、救いがない最終回でした。
これまで見続けてきたけど、次のシリーズが始まっても、もう見ないかもね。
はぁ、残念。

 

ということで相棒season14が10月からはじまります↓

www.tv-asahi.co.jp