ボクのカケラ

〜それより僕が伝えたいのは

【W杯 勝手に採点】決勝トーナメント1回戦 ベルギーvs日本 |サッカー

<結果> 決勝T1回戦 7.2  ベルギー 3 - 2 日本

<得点>
原口 元気 後半3分
乾 貴士 後半7分

ヤン ベルトンゲン 後半24分
マルアヌ フェライニ 後半29分
ナセル シャドリ 後半49分


【スタメン・採点】M.O.Mは香川

 

f:id:tsuda929:20180625201608j:plain

 

 

GK 1 川島 永嗣   6 
DF 3 昌子 源    6
DF 5 長友 佑都   6 
DF 19 酒井 宏樹 7 
DF 22 吉田 麻也 7 
MF 7 柴崎 岳    6 (交代:後半36分) 
MF 8 原口 元気   6  (交代:後半36分)
MF 10 香川 真司 8 
MF 14 乾 貴士  8
MF 17 長谷部 誠 6 
FW 15 大迫 勇也 6 

MF 4 本田 圭佑   6  (IN:後半36分)
MF 16 山口 蛍  6 (IN:後半36分)
 

 ※採点は10点満点で平均を6とする。
※出場時間が少ない選手は採点しないこともある。

 

<戦評>

マン・オブ・ザ・マッチは香川!
冷静に書くならE.アザールだろうが、
この戦いを演出したのは間違いなく香川!
乾の無回転ミドルシュートはとんでもなかったし、
原口のシュートもGKクルトワを撃ち抜いているのだから
申し分ないのだが、香川の躍動なくしてこの戦いはできなかった

密集地帯からワンタッチでの抜け出しや
PAエリア手前でのでの冷静なプレーは見事だった

スタッツ的にもボール支配率 56%ー44%だったので、
パスの数は多くないが、それでもチーム1の50本のパスを成功させている
(2位が43本の長谷部と吉田)

 勝っていればM.O.Mだったことだろう。

それにしても日本の戦いは見事だった
DFラインを上げてとにかくコンパクトな守備で
戦術的にインターセプトを狙う。
攻撃ではボールを奪ってからロングパスではなく
ショートパスをつないで密集地帯を抜け出し
サイドから攻撃を仕掛ける
遅攻では両サイド(特に左サイド)で、3人のトライアングルで
連動してスペースを作り出し、好機を演出する
そんな素晴らしいプレーだった

それだけに悔しい結果なのだが、
日本サッカーの将来をココに見た!

好調なベルギー相手にこれだけ出来たのだ
このプレーの精度を上げていくことが日本の未来だ。

もちろん課題も多い、
ファーサイドへのボールの対応
・サイドチェンジのボールの質
・GKのレベルアップ

この3つは急務だろう。

ほんとに価値のある試合だった。
ポーランド戦の10分間の批判を浴びても
必要だった価値ある90分だった

ほんとに、よく戦った!感動をありがとう!

日本サッカーの将来に期待したい。 
そう思える素晴らしい戦いだった。

【W杯】グループリーグ 日本vsポーランド |サッカー

<結果> グループH 6.28 日本 0 -1 ポーランド

<得点>
ベドナレク 14分 

  

【スタメン・採点】M.O.Mはコロンビア?!

 

f:id:tsuda929:20180702100541j:plain

 

GK 1 川島 永嗣     6 

DF 5 長友 佑都   6
DF 19 酒井 宏樹    6
DF 20 槙野 智章    4
DF 22 吉田 麻也    6

MF 21 酒井 高徳    3
MF 7 柴崎 岳    6
MF 11 宇佐美 貴史   5(後半20分)
MF 16 山口 蛍     4

FW 9 岡崎 慎司   5(後半2分)
MF 13 武藤 嘉紀    5(後半37分)

MF 14 乾 貴士     6(IN:後半20分)
MF 17 長谷部 誠    6(IN:後半37分)
FW 15 大迫 勇也    6(IN:後半2分)

 

 ※採点は10点満点で平均を6とする。
※出場時間が少ない選手は採点しないこともある。

 

<戦評>

 マン・オブ・ザ・マッチは不在!

だれも良くなかった。敷いてあげるなら失点のピンチを防いだ
川島ということになるが、それ以外はそれほどいいものではなかった。

攻撃陣もパスが繋がらず連動性に欠け、
単発な横パスばかりで効果的なパスがでない。
香川を欠いたことで、密集から抜け出せず
効果的なサイドチェンジを行えなかった。 

とくに酒井高徳は、なれないウィングのポジションで
明らかにリズムを見つけれていなかったし、
最後まで起用の意図がわからなかった。

守備では、槙野が悪かった。
寄せがあますぎて簡単に裏を取られ、カウンターをうける守備、
バランサーのはずの山口のポジショニング、、、
いつ失点しておかしくない状態だった。

とにかくこの2戦で魅せたクオリティーは皆無で
ポーランドの連動性のなさ、モチベーションのなさ、
に助けられた。

最後10分のボール回しは、戦術的なものだから
いいも悪いもない。結果が全て。

試合としてはクオリティーのない試合。
ただ結果が大事な一戦で、3試合トータルで結果を出したことには
大きな意味がある。

これで大事なのは、ベルギー戦でどう戦うか?!
この戦い方で、この試合の意義が決まる。

 

 

 

【W杯 勝手に採点】グループリーグ 日本vsセネガル |サッカー

<結果> グループH 6.24  日本 2 - 2 セネガル

<得点>
前半11分 サディオ マネ 
前半34分 乾 貴士
後半26分 ムサ ワゲ 
後半33分 本田 圭佑

  

【スタメン・採点】M.O.Mは

 

f:id:tsuda929:20180625201608j:plain

 

 

GK 1 川島 永嗣  4
DF 3 昌子 源   6
DF 5 長友 佑都  5
DF 19 酒井 宏樹  7
DF 22 吉田 麻也  6
MF 7 柴崎 岳   7
MF 8 原口 元気  6 (交代:後半30分)
MF 10 香川 真司  7 (交代:後半27分)
MF 14 乾 貴士   7 (交代:後半42分)
MF 17 長谷部 誠  6
FW 15 大迫 勇也  7

MF 4 本田 圭佑  7 (IN:後半27分)
FW 9 岡崎 慎司  6 (IN:後半30分)
MF 11 宇佐美 貴史 5 (IN:後半42分)

 

 ※採点は10点満点で平均を6とする。
※出場時間が少ない選手は採点しないこともある。

 

<戦評>

 マン・オブ・ザ・マッチは乾!
影のMOMはマネを抑えた酒井宏樹

詳細はのちほど…

 

【W杯 勝手に採点】グループリーグ コロンビアVS日本 |サッカー

<結果> グループH 6.19 コロンビア 1 - 2 日本

<得点>
前半6分 香川 真司
前半39分  アン キンテーロ
後半28分 大迫 勇也

  

【スタメン・採点】M.O.Mは大迫

f:id:tsuda929:20180625201608j:plain

GK 1 川島 永嗣  4
DF 3 昌子 源   6
DF 5 長友 佑都  5
DF 19 酒井 宏樹  6
DF 22 吉田 麻也  7
MF 7 柴崎 岳   5(交代:後半35分)
MF 8 原口 元気  6
MF 10 香川 真司  7(交代:後半25分)
MF 14 乾 貴士   7
MF 17 長谷部 誠  6
FW 15 大迫 勇也 8 (交代:後半40分)

MF 4 本田 圭佑  6(投入:後半25分)
MF 16 山口 蛍  5(投入:後半35分)
FW 9 岡崎 慎司  6(投入:後半40分)

 

 ※採点は10点満点で平均を6とする。
※出場時間が少ない選手は採点しないこともある。

 

<戦評>大迫 半端ねー

 マン・オブ・ザ・マッチはまちがいなく大迫
結果としては開始3分の1対1を決めきれず、
香川の前に溢れたことで、
相手のハンドを誘い退場を誘発
結果としてはこの退場が全て。

これが1対1を制してのただの得点で、
退場者を出してなかったとすると
おそらくコロンビアの反撃にあっていたことだろう
その意味でも退場の場面を誘発したことが全てである

そして、前半こそ力のあるコロンビアに押されて、
長友のクリアミスから同点にされたが、
運動量の落ちた後半、スペースが出来て
ボールが回り始めて日本ペースに。

そして得点はまさかの本田△のCKから大迫のヘッド!
想定外の得点で勝ち越しに成功。

そしてまさかの勝利っ!

 

W杯 日本vsコロンビア スタメン予想|サッカー

W杯 初戦 日本vsコロンビア スタメン予想

f:id:tsuda929:20180619124947j:plain

 ※2018.6.19 12:00作成

 

【GK】

不安定な川島を使うぐらいなら、
将来性のある中村航輔を起用したい

【DF】

サイドバックはこの2人以外に選択肢がない。
CBは吉田の相方だが、パラグアイ戦のできから植田を押したい。
が、不安なのでこれまでの代表で一度もコンビを組んでないこと。

 【守備的MF】

ボランチは、大島と長谷部
大島の密集エリアでのボールキープ力は必要不可欠
守備力を見ても柴崎より大島のほうがボール奪取力があり
欠かせない存在。コンビを組むのは流行りキャプテン長谷部が適任

【攻撃的MF】

左は乾、右は原口、トップ下は香川
右を武藤という手もあるが、
総力を考えるとはやり原口。

【FW】

大迫。他にはないボールをおさめる力は随一。
岡崎の怪我もあり、選択肢はない。

 

 

Chromeでシークレットモードがないときに試すこと|Windows7

シークレットモードとは?

Google Chrome のシークレットモードとは、
Chrome で閲覧履歴が保存されないようにする機能です。

How private browsing works - Android - Google Chrome Help

Windowsの場合、画面右上で、その他アイコン その他 次へ [シークレット ウィンドウを開く] の順にクリックすると、新しいウィンドウが表示されます。上部の隅にシークレット アイコン シークレット モード があれば、シークレット モードになっています。
キーボード ショートカット:Ctrl+Shift+n でも起動ができます。

f:id:tsuda929:20180509152501p:plain

 

Chromeでシークレットモードがない まずは…

まずはChromeの再インストールを試しましょう。
それでも直らない場合は、シークレットモードがいつの間にか無効になっている
ことが考えられます。以下の手順で改善する可能性があります。

↓ 「シークレット ウィンドウを開く」自体がないことがあります。

f:id:tsuda929:20180509154248p:plain

 

結局どうすればいい?

注意:
レジストリを編集することになりますので、操作を間違うとPC自体が動かなくなることもありますので、ご了承の上、お試しください。

 

1)ファイル名を指定して実行→regedit と入力してOK

f:id:tsuda929:20180509154342p:plain

2)レジストリ エディターが立ち上がる

f:id:tsuda929:20180509154349p:plain

3)HKEY_LOCAL_MACHINE>Software>Policies>GoogleChrome
 IncognitoModeAvailabilityのデータの末尾が(1)になっていれば=無効状態です。

f:id:tsuda929:20180509154356p:plain

4)IncognitoModeAvailability をダブルクリックし、データを「0」に修正>OK

f:id:tsuda929:20180509154403p:plain

f:id:tsuda929:20180509154410p:plain

 5)PCを再起動し、Chromeを立ち上げる
  これでシークレットモードが使えるようになるはずです。

 

(2018.5.9更新)

 

【W杯】ロシアW杯 出場32ヵ国のポット分け決定 と2020年への課題

本大会に出場する32カ国が決定し、
本大会のポット分けが確定した。

今大会は、非常に分かりやすく、
10月発表のFIFAランキングに基づいたものになっている。

 

続きを読む