読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクのカケラ

〜それより僕が伝えたいのは

【ドラマ】相棒 season14 初回2時間スペシャル レビュー

待望の相棒season14が2時間スペシャ
『 第1話 「フランケンシュタインの告白」』で遂にはじまった。

 新相棒は反町隆史演じる”法務省キャリア官僚・冠城亘ぶらぎ わた)”

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

新相棒冠城亘に期待も脚本は…

さて、その第1話を見た感想はというと、

新相棒反町隆史は悪くない。
滑舌の悪さが気にはなるが、キャラが立ってて、
今後右京さんとのやりあいがありそうで何かと期待してしまう。

ただし脚本に関しては…
第1話の 脚本は輿水泰弘、監督 和泉聖治。
season13から脚本劣化が激しいが、この第1話も正直キツかった。
前半はなにやらきな臭い感じで良い感じだったのに
終盤に向けてどんどん薄くなってきて、無理やり終わった感 満載。
幽霊トリックもチープ過ぎ。

以外と新相棒反町隆史が良かっただけに、残念でならない。

甲斐峯秋がいる違和感

あと疑問としては、石坂浩二演じる甲斐 峯秋(かい みねあき)が
普通にいたこと。息子が犯罪者で逮捕されて、
あのポジション(警察庁長官官房付)にいれるなんてことはありえない。

そして出るならカイトくんに触れないのも不自然。

 

ともかくseason14が始まった。
脚本は期待できないが、今シーズンも、
なんやかんやでまた見てしまいそうである。